自動思考と反証。


t02200314_0350050013427037017

あいさつをしたのに無視されたとしても、それが「その人から嫌われているから」とは限りません。気持ちが落ち込んだり、イライラしたりするときというのは、考えのバランスが悪く、行きすぎている可能性があります。
相手の人は、あなたのあいさつに気づかなかっただけかも知れません。あるいは、何かで急いでいたのかもしれません。現実を確認するまでわかりません。
このように、現実を振り返って「自動思考」という食い違う事実、つまり「反証」が分かってくると、気持ちがラクになってきます。 「反証」とは、自動思考について、「そうとは言い切れない」反対の証明-理由を挙げていくことです。
「気持ちの整理」練習帖: 不思議なくらい心が軽くなる26のスイッチ (単行本)』(大野 裕 著/三笠書房)

■変な思い込みはストップ
ポジでもネガでも「きっとこうだろう」、「こうに違いない」。そんな思い込みはダメ…と分かっていながら、気づけば様々な憶測をしている。そして、ハッと気づいた時にイカン、イカン・・・と、自分に言い聞かせこの思考はストップさせるようにしています。

■プラスでもマイナスでもなく。
「反証」とは「そうとは言い切れない。」と逆も考えること。
常にマイナスでもプラスでもなくゼロベースで物事をとらえるのに有効です。考えてみると、自分自身が事実以上に、ポジティブに解釈しすぎていたり、逆に、ネガティブに捉えていたりするわけで、事実は変わらないのに、良いとか悪いとか判断しているのは「自分」の思考ですよね。

■視点を対局に観てみると・・・
今、ネガティブに捉えているなぁ~と思ったら、「そんなに嫌なこと、難しいことかな?」。今、ポジティブに捉えているなぁ~と思ったら、「いやちょっと待てよ。何か大切なことを見落としていない?」。パッと思いつく衝動的な感情を認めつつも「反証」。一時、PCに「反証」と付箋を貼っておいて、意識的に考えてみることをしたことがあります。すると、気持ちに余裕が生まれ軽くなり、落ち着いた気持ちで物事に集中して、結果パフォーマンスが上がりました。「反証」の二文字を頭の片隅のどこかに。

★ぷち日記
事務所のPCの1台を不具合覚悟の上で、win7からwin10にアップデートしたところ、やはり不具合発生。やっぱりそうかーと、知り合いのPC修理業者さんに入院。どうやらメーカーサポート対象外の機種だったようで、結果win7に初期化して戻して返してもらいました。もちろん有償ですが、連休中に迅速に対応していただき助かりました。他にもシステムに関するアップデートなどをして下さったみたいです。なるほど、そういう部分を調べる必要があったのか~ということを学びました。みんな知っているのかしら~?
明日は朝イチ、タイヤ交換の予定です。地元では初雪が降ったらしいし…。新タイヤは少しならし走行が必要なんですよね。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。