スタンスを定める、貫く

牛河原は静かな声で言った。 「だがなー俺は夏波書房の編集者時代、部下の編集者がどうしてもこれを出したい、何が何でも出したい、そう言ってきた本なら必ず出した。それが俺の編集長としての矜恃だった」 飯島は

続き