見方・感じ方・行動を変えることから


DSC_0306-1

あなたは自分の望む人生を生きることができます。

100%望むものになるかどうかは保証できませんが、まったく意図しないよりも、選択次第では、よりあなたの望む方向に変わる可能性があります。

それは、3つのことが必要です。ものの見方を変えること。感じ方を変えること。行動を変えることです。

この3つをやれば、あなたの人生はいままでと全く違うものになります。
人生の目的~自分の探し方、見つけ方~』(本田 健 著/大和書房)より

■人生の終着駅で何を思う
本日は我が家のお隣のおばあさんが92歳で永眠され、あらためて「人生」に関する本を読み返しました。良くも悪くもいつも堂々としている方でした。印象的なのは、手押し車を押して片道毎日20~30分かけて、近所の道の駅へ行くことが日課だったということ。目的は健康のための散歩だったり、あるいは入りたての商品をお買い物だったり、さらにはそこに集う人との井戸端会議をすることだったかも知れません。「あの人に聞けば情報から噂話まで何でもわかる」と誰もが言う名物おばあちゃんでした。

■これが未来のひとつでもある
そんな私も、皆さんもいずれはお迎えが来るわけです。その時、どういう気持ちで居たいですか?そして、なんと言われていると思いますか?私はそうだな~、今現在は、何でもやりたいことをやって自由闊達な人だな、と言う感じでしょうか。そのためにも、その時、その時の見方の幅をいつくか持ち、結びつけられる感情、今の自分が心から選びたい見方+感情に基づいた行動を結びつけるという、一貫的な心掛けが大切ですね。

■未来へ向けた3セット
考えてだけいて行動に移せなかったという時、感情をしっかり見つめましょう。また行動には移せたけれど、どうも今一つ、という時には、着眼点を再度確認する必要があるかも知れません。切り口を変えれば、また別な選択肢が見いだせる場合もあります。人生の主人公は自分。自分が描いているハッピーエンディングとするべく、自己確認しながら毎日過ごしたいものです。

★ぷち日記
今日は夕方、地下鉄東西線の卸町駅・六丁ノ目駅周辺をうろうろ。請け負っているパンフレットで地図部分や交通手段や所要時間について改訂するために、情報が不安だったので確認に行きました。スマホのナビを使って徒歩時間や車の時間で調べて、あとは担当者さんともすり合わせします。スマホがあるとこういう時は便利~。
そして、この用事を終えてから仙台の中心部へ移動し、好きなアーティストのskoop on somebodyのクリスマスライブに行ってきました!数えれば4、5回は足を運んでいる~。今回も距離が近くで、私には贅沢な時間でした。仙台のどこかで打ち上げしているんだろうなぁ…。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。