ぶっ飛んだ夢は妄想から生まれ、セルフイメージを変える


DSC_0406-1

ぶっ飛んだ夢。

それはどうやって実現させるか、方法が全然分からない夢のことです。
どうすれば叶うのか、見当もつかない。けれどワクワクする夢。

ぼくたちには過去があり、今ここにいます。
そしてあるときから、過去の延長線上にあるものばかりを選択し続けています。「方法がわかる」というのは、すでに過去の延長線上にある証拠です。

そこで「どうやってやるのか」は無視して、とにかくやりたいことを思い描いてみましょう。

ぶっ飛んだ夢を持つと、セルフイメージが勝手に動き出します。
セルフイメージが変われば、夢は向こうから勝手にやってきます。
やる気のスイッチ! 実践セミナー (Sanctuary books)』(山崎拓巳 著/サンクチュアリ出版)より

■ぶっ飛んだ夢とセルフイメージの関係
だいぶ前に買った本ですが、山崎拓巳さんの『魔法のドリル』という書き込み式のワークブックを先に購入してとても面白かったので、この本を続けて購入したのでした。「やる気スイッチ」の手順としては、“セルフイメージを変える”という部分から始まります。では、どうやったら“セルフイメージ”を変えることが出来るのか?ちょうど気になる単語が現実の場でも出てきたので、久しぶりに読み返してみました。“ぶっ飛んだ夢”を描くことが、“セルフイメージを変える”につながるそうです。

■“ぶっ飛んだ夢”はとにかく妄想する
私自身もどちらかというと現実的に考えてしまうタイプだと自分では感じています。引用部分についての、“過去の延長上”になっているなぁ~と、自分の行動も多々思い返されます。いやいや、行動が伴うかどうか…なんて、考えてちゃダメ。もっともっと“妄想”することが必要(笑)。小学生ぐらいの頃には、ものすごい妄想的創作物語を作っていたじゃないか!例えばテレポテーション出来て、あの憧れのアイドルとデートしているとか(笑)…書いているそばからニヤケてしまっているような…。そんなことでもいいのかも知れません。

■セルフイメージ
このブログを書きながら思い出した“ぶっ飛んだ夢”。そこから気持ちのままに、会いたい人と会っている…そんな感じがしませんか。なんて自由人だろう(笑)。今の私は、その要素を持っているなぁ~と感じました。ちなみにこの本に書かれているこの“ぶっ飛んだ夢”のワークのやり方は、一人ではなく聞いてもらう相手が必要です。聞き手がまるで奇跡を目撃しているような~気持ちになる!これがポイントのようです。気取らずに気張らずに、”ぶっ飛んだ夢”を果てしなく想像力を働かせて誰かとおしゃべりしてみる(笑)。これが自分の殻を破るヒントになるハズ!

★ぷち日記
昨日は、私テツモトの誕生日で、たくさんのお祝いの言葉やケーキやお花を頂きありがとうございました。いくつになってもカンゲキの一日。もう一方で、誕生日は両親に感謝する日という意味もあり、昨日は月に1度の母の休養日にも設定していた日だったので、両親を連れて松島へお昼を食べに行ってきました。様々なお料理の中に牡蠣が入っている冬ランチ。どれも優しい味わいで、目で見て食べて味わってきました。両親も喜んでくれていました。
今日は新たにご紹介いただいたお客様の元へ伺い、運営しているサイトをご案内させていただきました。新たな出会いがあると、緊張を通り越して、真剣にその人を観察。数十名の部下を持つ責任者様の対応ぶりがとても勉強になりました。部下の方に私との窓口を任命され、その方にも「君に適任だね!頼むよ!」と、しっかりと期待感を口に出して伝えていたのが印象的でした。そしてその部下の方は、積極的に私に質問していただき、やる気になっている感じがしました。やる気スイッチが押された感じでしょうか。これからのやりとりが面白そうです。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。