シンプル思考の4項目を心の中で日々唱えよう


DSC_0474-1

1 責めない。
2 許す。
3 あきらめない。
4 淡々と。

このように毎日を過ごしてみてください。
一見複雑そうな問題が起こっても、
シンプル思考になれば
いい意味で腹がすわるものです。
心を浄化する魔法の言葉 (マイナビ文庫)(角 礼寿 著)より

■責めずに、学びに変える
前半に続き、後半からの抜粋です。日常生活の中で、心がけたい4項目だと思い、抜粋してみました。私の場合は、「1 責めない」は、自分自身についてとくに心がけたい。どうもうまく行かなかった時や、予定通り進められなかった時などは、「どうして私はこうなんだろう」と、自分を責めたくなる気持ちが浮かんでくる時があります。やはり自分を大切にするために、「責め」ではなく「学び」とする。これは何度も書いていますが、100年日記を書くようになって捉え方が変わり、今後も続けていきたいと思います。

■他人は変わらない、自分が変わるために
「2 許す。」これは、自分というよりも、まわりの人に対して。時には、少々、イラっと来ることを言われてしまうこともある。または、相手は故意にではなくとも、自分自身で心を痛めてしまうこともあるでしょう。そんな時こそ、「許す」気持ちを忘れずに。ちょっとしたボタンの掛け違いやカン違いだったのかも知れない。「過去と他人は変えられない、自分と未来は変えられる」という言葉の通り、許すことから、未来が変わっていくと思います。

■自分が決めたことを、少しずつでも取り組んでみる
「3 あきらめない。」「4 淡々と。」これは、自分自身の人生に対して考えたいです。とにかく、「夢を描き続けること」「それに向かって少しずつでも、歩みを止めないこと」。5分でも10分でも、出来る範囲でよいので、自分の描いたものや自分自身を見つめる時間をとること。それはある程度ルーティンで行うことで初めて分かってくると思います。自分が決めたことを、淡々と。シンプルだけれど、自分軸を作る肝だと感じました。

★ぷち日記
この数週間の間に、大学時代や前職時代などに親しく可愛がっていただいた方々と久しぶりに連絡をとる機会に恵まれて、近々に久しぶりにお会いする予定が立ちました。連絡を取り合うメッセージの返信に「テツモト、どうしてるかなー?って、話していたんだよね」と。何年か会っていないのに、思い出してもらってうれしい限り。そして当時のままの空気感に安堵しています。再会が楽しみー。


アイデア・発明 ブログランキングへ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。