本物の自由を手にする「プロフェッショナルフリーランス」とは


DSC_0516-1

この「イメージング能力=将来どうなっていたいのか」を明確にするチカラが、プロフェッショナルフリーランスを目指すには絶対に必要です。
フリーで働く! と決めたら読む本 (日経ビジネス人文庫)』(中山マコト著)

■フリーランスのためのバイブル
キキダス・マーケティング実践者兼シンクロニストとして、自らもフリーランスとして活躍している中山マコト氏。事業の核・人生の核を見つけるコンサルティングでも全国的から依頼が殺到し、私の先輩や知人にも、中山マコト氏のアドバイスを受け、大活躍している人も多数います。この本は2012年に出版された書籍に加筆・修正をされ文庫化されたもの。フリーランスで働く人のためバイブルと言える一冊です。私もフリーランスとしてで、起業後7年を迎えようとしていますが「あ、マズイ…。やってはダメと、ここに書かれていること、やってしまって失敗した…。」と身を持って考えさせられる部分がゴロゴロ載っています。今からでも大丈夫!そう思い、改善を試みていますよ。

■そもそも「フリーランス」は“本物の自由”を得られる存在である
この著書で、「はじめに」から、「そもそも“フリーランス”として働くということは」ということを、再認識させられます。フリーランスが手にいれるべきは、フリー=“自由”。『「自らの人生に、常に、主導権をもつこと!」が出来ている“プロフェッショナルフリーランス”として生きるノウハウがぎっしりと詰まっています。

■プロフェッショナルフリーランスは「イメージング能力」に従う
自分を顧みると、まだまだ“フリー”度が足りないなぁ~なんて思いながら、この単行本を読み直しました。自由というより、ガチガチに頑地固めになっている部分がいくつかあり、これはもう少し認識を改めないといけないな、と読みながら感じました。「やりたいこと」はそれなりに出来ているけれど、「将来どうなっていたいか?」の認識がまだまだ描ききれていない。何でもやってしまっているだけで、自分の特長を磨けていないのでは?と現時点で感じています。「将来どうなっていたか。」遠い未来の到達の視点で、これまでのことも踏まえてもう一度近々整理します。

★ぷち日記
今日は、自主上映映画を観る会に参加してきました。生を受ける奇跡、そして家族の姿、生きるとは・・・など、とても深いテーマと直接向き合ったドキュメンタリー映画でした。開始早々から涙が流れました。大切であればあるほどに、気持ちを言葉にして伝えていこう。そんな思いになって帰ってきました。映画を観る時間、本当にいいものですね。

アイデア・発明 ブログランキングへ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。