心地よい場所、エネルギーが満ちる場所


DSC_0529-1

心地よい場所が少しずつ増えていくにしたがって、気持ちのエネルギーがどんどん満ちてきます。
捨てる生き方 (知的生きかた文庫――わたしの時間シリーズ)』(浅野裕子 著)より

■新年度は“心地よい場所”を心掛けよう
冬から春へと季節が変わり、新年度、心機一転したくなるタイミングですね。先月に開催した主催のおしゃべり会では、“クローゼットの片付け”がテーマで学んだこともあり、このところやたらと“いるもの”“いらないもの”と、分別を心がけています。

■自分の家・部屋はパワーチャージする場所
自分の部屋は、“一番のパワースポットとなる”と別な本でも読みました。外へ出かけてパワーを消費して帰ってくる。充電できる場所、エネルギーをチャージできる場所をしっちかり認識していますか?これは私自身も、とても気になるところ。仕事場は忙しくなってくると書類が増えっぱなしなので、できるだけムダな資料は作らずに、保管スペースもスリム化を目指したいです。先週は資料を区別して不要な書類はシュレッダーにかけまくりました。

■時間もシンプルに
やはり時間もシンプルに!を心掛けたい。同じ作業を別な人とダブってやっていないだろうか、2つを組み合わせた方が簡略化できるのではないか、など日々改善する余地がないかとも、よく考えます。自分自身のやりやすいように変えていくことから、効率化の提案をしていくと、最初は正直つまらないな、と思っていたことも楽しく変わっていきます。

★ぷち日記
昨日は日帰り温泉に行きました。開店一番を狙っていき、気分爽快。月に1回以上は温泉に行ってパワーチャージ♪今日は今週末4/16,17開催のさくら祭りの会議に参加。微力ながら、出来ることで参加します。


アイデア・発明 ブログランキングへ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。