アクションファーストを心掛けよう


DSC_0559-1

でも、これだけの変化の激しい時代ですから、実際にやってみないと、何がどうなるかわからないというケースが仕事では大半です。
やらないとわからない正解を、やる前から探し出すことに時間を使うぐらいなら、とにかくカラダを動かして「やってみる」こと。やってみて目的を達成できたらOKだし、うまくいかないなら、また別のやり方を試してみればいい。
これは思考整理の場合も同じです。
トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術[超実践編]』(浅田すぐる 著/サンマーク出版より)

■書店で思わず「トヨタ」とつく本をシリーズ買い
今月に入り打合せの帰りに立ち寄った大型書店で手にした1冊。ちょうど入社式シーズンということもあり、“トヨタの○○”のシリーズが並んでいました。『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』の続編ということで、パラパラと立ち読みをして、様々なプロジェクトに対して活用できるものだな~と読み始めました。

■紹介されている「エクセル1」とは
1枚の用紙をマス割りにし、日時、「今日一日の行動予定を管理する」などの議題・目的・テーマをまず左肩マスに書きます。マスの数は8個から100個など欲しいボリュームをもとに自分で自由に設定します。そして1回あたりの時間制限を3分以内に設定し、集中してそのマスの空きを埋めていきます。インターバル1分おいて、また3分のアウトプット。かかる時間はせいぜい10分程度。とにかく思いつくものぐぎった白枠の中に書き入れていきます。そこから「優先される項目」「もっと深めたい項目」などに丸囲みなどで印をつけていきます。また因果関係などを探る「ロジック3」は連想ゲームのように、枝葉を伸ばしていくワークもあります。

■実際にやってみた!
早速購入日に読み終え、カフェに移動して、様々な仕掛り案件について、「エクセル1」を実行してみました。ストップウォッチで、時間もきっちり測り、集中して枠を埋めていきました。その結果、打合せ資料づくりもはかどり、打合せ自体もかなり充実させてコントロールできたように思います。とにかく、思いついたら「エクセル1」を使おうと、最近は実験中です。正直ヤレ紙の有効活用だ、ぐらいの軽い気持ちだったのですが、今、とってもハマっています。ブログを書いて公開するまでの手順も、「エクセル1」を使って、ムラなくやる段取りを決めています。

★ぷち日記
今日は打合せや取材、撮影の一日。合間にチラシの素材集めやプランなどでした。何事も初動が肝心だな~と、いつも以上に感じる日でした。
そして津軽三味線のお稽古の日でもありました。5月下旬に、三味線奏者32名で、とある郷土民謡大会のオープニングを演奏する予定です。私も参加します。その演目についても練習をしました。

アイデア・発明 ブログランキングへ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。