2分以内にできることなら、その場でやってしまおう


DSC_0382-1

優先順位が高いものでなくても、いつか行動するつもりならここでやってしまうことだ。2分以内という基準を設けているのは、2分以内でできるならその場でやってしまうほうが、整理したあとにやるよりも時間を節約できる可能性が高いからだ。要するに効率の問題だ。行動する価値のないものは迷わず捨てて、行動が必要でいつかやるつもりは、効率を基準にして今やるかどうかを判断していこう。
全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』(デビット・アレン著・田口元監訳/二見書房 より)

■タスク化する労力と処理を考えて
GTDについての書籍からの抜粋部分です。まだまだ体得するには時間がかかっているのですが、自分自身にまず革命をもたらしてくれているのが、この「2分以内処理」のルール。今まではすぐできることも含めて、まずはToDoのリスト化をしていました。メールの返事、電話など、面倒なこと程、気持ちがのらず後回し。さらに気持ちが重たくなってしまうことがあります。

■2分以内を意識してよかったこと
「即行動→完了させる」と思うと、身構えてしまうので、とにかく「2分でできること」を意識してみることにしました。つまり、欲張らない。詰め込まない。細分化する。少しでもきっかけをつかみ、着手すれば次の行動がとても楽になります。

■瞬間に直観で判断する
自ずと、スピードアップしてくるように思います。今までしんどいなあ~と思っていたことが、負担に感じることが少なくなってきたように思います。2分以内にできることかどうか、また2分以内にやるにはどうしたらよいのか…そうすると、小さな成功がたくさんできていわゆるスモールステップによって、行動できる自信が育っていると思います。ぜひ2分以内を意識していきたいものです!

★ぷち日記
シルバーウィーク、いかがお過ごしてですか。お盆が終わったと思ったら彼岸の入り日。夏から秋ですね。9月に入りお祭りや敬老会で三味線披露の場が増えて嬉しいやら、忙しいやら(笑)。そしてつい先日は秋田の家元のところで合同稽古にも参加し、合宿と言ってもいいような三味線漬けの毎日でした。そしてバドミントンの練習にも行くという…、私としてはとても幸せな時間です(笑)


アイデア・発明 ブログランキングへ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。