グチには「次にどんな行動をとればいい?」と投げかけよう


DSC_0382-1

あなたの組織には、グチをこぼしている人がたくさんいるだろうか。次に誰かのグチを耳にしたときには、次にどんな行動をとればいいと思うかを尋ねてみるといい。人がグチをこぼすのは、改善できる見込みがあると思っているときだけである。

全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』(デビット・アレン著/田口元 監訳 二見書房)より

■グチをこぼす人って、いますよね。
私自身もついついグチの塊かっ!と自分にがっかりする時もありますが、同時に聞くときにも、やっぱり同じようなマイナスにエネルギーを使っているな、と感じるときがあります。どこかでガス抜きをしなくてはならないとも思うのですが、何かしら行動できないでいることに、ストレスを抱えている時が多いなと思います。

■グチを言う時って、実は解決方法知ってる!?
特に女性相手のグチの聞き役の時には、自分自身が答えを投げかけるというよりは、聞き役に徹することを意識します。「そうなんですね」「(オウム返しによる、〇〇なんですね)といった感じで、共感を示したりします。先日は、1時間半話が止まらずでしたが、答えはご自身が分かっているのだろう、聴いていてそう感じました。最後の方は、知らず知らずに次のステップについて自分で語りだし、私もホッとできた気がしました。

■GTDでは「望んでいる結果」と「とるべき行動」を意識する
結局は「どうなりたいか」ということが、本人の自覚していても無自覚でも、根底にある理想やビジョンなどという、目指している夢とか目標が本当はあるのだと思います。単なるグチをグチにとどまらせるのではなく、不平・不満から「やりたいこと」へ進化させて、大きなプラスのエネルギーに変換できるはずです。「では、次にどう行動したらいい?」という投げかけは、欠かさずに行うべきだと、本書を読んで感じました。

☆ぷち日記
気が付けば11月も3日目ですね・・・。10月はイベント運営や津軽三味線ギネスに挑戦などもあり、ハードな1か月でしたが、またひとつ、ふたつ大きく成長できた1か月でした。ブログ更新が滞ってしまったのは、本を読む余裕がなくなっていたこともあります。11月はもう少し落ち着て過ごせたらと思います。今日は午前中はスイートポテトを作り、夜は着物の着付けの自主練習に励むという…久しぶりに自分のために時間を使った1日でした。


アイデア・発明 ブログランキングへ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。