「強運」の人が考える「お金」とは


dsc_0080-1

一言で言えば、お金は世の中を底上げするエネルギー。お金の儲けは、そのエネルギーを得ることで、世間に貢献することなのだと考えればいいと思います。

島田秀平が3万人の手相を見てわかった!「強運」の鍛え方 (SB新書)』(島田秀平 著/SBクリエイティブ)より

■お金に対するブロック
よく「お金に対するブロック」ということを言われていますね。私自身、とくにフリーランスになってからは、一定の収入としては全体の60%ぐらいの比率で、あとはスポット的に月事に変動があります。サラリーマン時代とは違い、特定の給料日という訳ではないです。スタッフの給与とか家賃とか、月々支払いはある訳ですから、売上を得ることにより、責任を果たす、という意味もあります。

■確定申告を前に思うこと
確定申告も毎年3月に提出しています。実際に2016年度分の税金を決めるわけなので、以前はできるだけ経費に入れ込んで、利益を低くして税金を安く・・・と思っていましたが、とある事業者さんは「税金を納めて一人前」と言っていたことをきいて、セコいやりくりはやめようと思ました。

■お金はエネルギーの循環
結局、お金はエネルギーの循環と言われるように、得た分は使われ、使った分は戻ってくる・・・・そんな風にも感じます。自分の得た収入で、結局は、欲しいものを買ったり、食べたりしながら、相手との価値交換をしていますね。よって正しい使い道を外れることなく、気持ちよくお金を使いたいものです。

☆ぷち日記
成人の日で祝日でしたね。今日は一日家に居て、読書と料理をしました。料理教室で作った「煮込みハンバーグ」にチャレンジ。焼いたハンバーグよりも手軽です。美味しくできたみたいで、家族が喜んでいました。


クリエイティブライフ ブログランキングへ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。