目標設定方法は、自分の性格も考える


長いスパンで高い目標を立てる人がいると思うが、粘り強くない自分に、それはできない。だから僕は短いスパンで自分の手が届く目標を立てて、それに向かって努力していく。そのほうが少し「粘り強く」頑張ることができた。僕の発想としては3年後なんかを考えていたらプレーできない。というのも。そもそも1年後がなければ3年後なんて存在しない。そう考えているからだ。
決めて断つ (ワニ文庫)』(黒田博樹 著/KKベストセラーズ)

■楽天の新人選手が手にしていた本
ちょうど黒田投手が現役引退というニュースにあわせて、楽天の新人選手が寮に入る時のVTRに、「ボクの野球人生のバイブルです」と手にしていたのが、この単行本。WBCの開幕前後に取り寄せていたこともあり、野球人の内面を読み知ることができた一冊でした。

■様々な個性の選手がいる
野球のみならず、アスリートの名言であったり、自伝というものは人生哲学としても、大きな学びがありますね。そして、どのような目標設定をしているのか、また不調の時期はどのようにメンタルをコントロールしているのか、好調な時には自分自身、どのように捉えているのか…気になります。とは言え、どんな名選手にも、好調・不調とあるものとあらため感じで、その折り合いの付け方、切り替え方などがとても参考になります。

■自分の性格を考えた目標設定方法~黒田選手の場合
黒田投手の抜粋をしたフレーズは、最近の目標設定の仕方とは違うと感じました。できるだけ遠くを見て長期設定をもつ…と言われていますが、黒田投手の場合は、「目の前の目標にこだわる」のが自分には合っている、と自分の性格を考えての目標設定であることが分かります。長期設定でなく、目の前の目標を着実にクリアしていく。現実味があり、どこかしら、肩の力を抜いてフラットな気分になる・・・・不思議な気持ちになりました。

☆ぷち日記
久しぶりのブログ更新…。今日こそは!と思っていながらも、惰性に流されてしまい、反省です。気を取り直して、再開。花粉症に悩まされるシーズン、GW前後は田植えの時期とあって、家族みんながナーバス。そんな時こそ、読書ログを書きためて奮い立たせたいと思います。


クリエイティブライフ ブログランキングへ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。