人にあう時には覚悟を持とう


すべて自分ひとりであれやこれやと考え、決断する。自分の性分として、あまり相談しすぎると、かえって軸がぶれてしまうんじゃないかという不安を持っていた。あまりに「ややこしい」ことがいっぱいあったのだ。
決めて断つ (ワニ文庫)』(黒田 博樹 著/KKベストセラーズ)より

 

■勉強会を活かしたいなら・・
少し前に、起業仲間の方との話のなかで、「勉強会をどのようにして活かすか?」という話になったことが頭を過りました。今でも、よく思い出すので、相当私にとっては為になる言葉だったのだと思います。「勉強会に臨む時には、何を得て帰りたいか?を決めて参加している。自分にとって課題がクリアしないと意味がない」と。

■覚悟をもって参加する
つまりは、目的意識を設定しているか、どうかということだと思います。これが無いと、消化不良に終わり、何も得られなかった…という不満に変わってしまう場合もあります。やはり、何かを得る時には、参加する側も、覚悟が欲しいですね。

■むやみに人に相談せず
人にあう時にも、同じことが言えるな、と感じています。今日はここまで出来たらクリアとしよう…など、伺う前にザッとシュミレーションをして臨むようにします。漠然とのぞまずに、テーマとか、引き出したいこと、確認したいこと、、など、ある程度決めて臨みます。そうでないと、自分の軸なんぞは、他人の個性に簡単に影響されグラついてしまう気がします。

☆ぷち日記
GWに入りましたね。どのように過ごされますか?私は親戚の叔父が農作業の手伝いをかねて9日間来てくれているので、おもてなしが中心となる予定です。家に居ながら楽しめること…私の場合はたくさんあるので、かえってワクワクしています。


クリエイティブライフ ブログランキングへ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。