人生における主要な3つのKPIを軸にする


では自分の資源はいったい何か?
哲学に近い話になってくるかもしれませんが、私はそれをずっと考えていて今のところその結論は「時間・お金・生活習慣」の3つ。
つまり、時間の使い方、お金の使い方、毎日の生活習慣の3つこそが、人生における主要KPIであり、人はこれらの積み重ねで成り立っていると思うのです。

すべての仕事は10分で終わる マルチタスクでも仕事がたまらない究極の方法』(森川 亮 著/SBクリエイティブ(株))

朝の8:30-10:00が比較的自由に使える時間であることを自己分析し、その中で何をするか、またかかる時間はどれぐらいかをノートに書きだしてみました。
1.100年日記への記入 (10分)
2.食事の記録(10分)
3.読書(15分)と読書ノートへの記入(15分)
4.ブログ(15分)

ざっと65分かかる計算です。用意している時間が90分で、途中でひらめきややりたいことがあったりするとノートへメモしたりする。
そうすると、バッファの時間もとると、ちょうど90分がちょうどよいことがわかりました。
以前は朝早起きをして書いていたこともあったし、寝る前に記入してから・・・ということもありましたが、どちらも、頭が回らず、苦痛になって挫折してしまった中で
新たな取り組み時間を設定しました。
結局、やらなければならないこと>やりたいこと になってしまう日常の中で、どれだけやりたいことに優先順位を作るか、雑然とした気持ちから
集中できる時間、空間を作ることができるかは、その人の進化にかかっていると思います。
お金の使い方についても、目先のことに使うのか、それとも長期的な考えをもって使うのか・・・。
私もまだまだこれから実践するところが多々ありますが、3つの資源を欠かすことなく、コントロールしながら着実な生活スタイルを得たいと思っています。

★ぷち日記
朝の時間をスタートして気分がよい一日。夕飯も19時には出来て食べて、撮りためていた番組を視聴。淡々と計画通りに進められていくリズムが心地よいです。
とは言え、相手がある仕事でもあるので、相手のペースに巻き込まれてしまうこともあり。多少の余裕と先々の予定を考えながら、先手、先手で臨みたいな、と思います。


クリエイティブライフ ブログランキングへ