自分なりのゴール設定を考える


たしかに「幸せって何だろう」と考える機会はあまり多くはないでしょう。
でもそれでは、幸せになりたいのに自分にとっての幸せがわからない状態が続くので、一生幸せになれない人もたくさんいます。
ですから、自分なりにゴールを定義することが大事だと思うのです。

すべての仕事は10分で終わる マルチタスクでも仕事がたまらない究極の方法』(森川 亮 著/SBクリエイティブ(株))

先日のイチロー選手の引退会見は、人生の教科書となるような金言がたくさんありましたね。
プリントアウトをして、毎日読み返したい気持ちになる考え方の数々。中でも、「50歳まで野球選手を続ける」という目標に対して、「有言不実行になってしまったけれど、この目標を掲げていなかったら、今まで続けて来れなかった」というようなコトバがありました。
目標設定などを考えるときに、”こんなコトを言ったら恥ずかしい”とか”出来ない確率が高いから止めておこう”というような、ブレーキになる考えが必ず浮かびますが、そこを乗り越えていくことで、叶えたい生き方とようやく向き合うことができるのだろうと思います。自分にとっての幸せのゴールの定義。
今のところ、毎日やると決めたことを行う、さらに夢中で没頭する時間を確保する、集中することで成長する、など、まだまだ漠然としています。
幸せを実感するのは今なのか、それとも10年後か、さらには死ぬ直前か・・・その感じたいライフステージも設定してみることが面白いと思いと感じました。 イチロー選手のことだろうから、次の目標設定もしていて、どのような進化を遂げるのか、とても興味があります。

★ぷち日記
趣味で続けている一つに、津軽三味線がありますが、私自身の自宅での練習は火・木・土20:00~22:00の間で1時間と設定しています。時間と回数と少ない気もしますが、私としてはちょうどよいと思っています。開始時間も多少の猶予を決めて。バランスを決めて頑張りすぎず、のほうが楽しく上達しそうな気がしています。


クリエイティブライフ ブログランキングへ