「自信→A」の発想に立つ


これは自信というものが自然に湧いてくるものだと思い込んでいる場合に出てくる言葉です。現実の世界は逆です。まずは自分を信じてやってみるからこそ、成功体験を得ることができたり、能力や技術が身についてくるのです。もし、あなたが、「私は〇〇だから自信が持てない」と思うのであれば、発想を逆転させてください。つまり、「A→自信」ではなく、「自信→A」という考え方です。

自分軸―もう“大丈夫なふり”をしなくていい!必ずなりたい自分になれる方法!!』(マーチ菊本 著/(株)ロコモーションパブリッシング)

スタッフの一人に、新しく取引となったお客様のところへ訪問してほしいと言ったら、「自信がなくて心配です」という回答。確かに、初対面だと、どんな人か、どんな質問されるか、契約取り消しなんかにはならないか・・・など、普通でもネガティブイメージが先にきて足がすくんでしまうのが普通でしょう。もちろん、それを払拭するためのトレーニングとして、OJTだったり、上司である私が同行するということもかつて取り組んでいましたが、私が宮城を離れて福島で生活をスタートさせた今の環境の中では、そう簡単に同行することも難しいです。「自信がない」と感じる要素を具体的に書き出して、考えらえる対処(イメージ)をして臨むことで、いくらでも自信がわいてくるよ、とアドバイスしています。先に、「自信がないから、自分には難しそう」と決めつけてしまうと、そこからのステップが閉ざされてしまいます。スモールステップでよいので、「資料を渡せたらOK」や「元気な挨拶ができたらOK」など、”これなら必ずできる”というポイントに絞って、対応してくるのも一つです。一度にあれも、これも・・と思うから、不安が増すので、自分なりの仮説を実験・検証してみるぐらいのつもりで、一歩行動を積み重ねることが肝心ですね。

★ぷち日記
昨日は前々から気になっていた「ピラティスサークル」に初参加させていただきました。90分体の節々を余すことなく、伸ばしたり、ゆるめたり・・・。痛気持ちいいーが、続いて、昨晩はぐっすり寝れました。一緒に参加いただいた方々にも快く受け入れていただいて、ありたがいです。月に2回、参加する予定です!


クリエイティブライフ ブログランキングへ