お金の記録の意義を見極めよう


家計簿をつけることは、自分のこころに「自分の人生を築いていくために重要な道具であるお金を、
自分のこころに従って、意図に合った形で使ったか?」と問い直す行為です。
ただお金を節約するため、貯金するための行為ではありません。

こころとお金のコーチング 女性のための人生設計塾』(吉川 美有紀 著/(株)講談社)

家庭ならば家計簿、事業者ならば出納簿に当たるお金の流れ。
長い人生を見据えて、有効に使っているかのチェック作業であると言えますね。
ライフプランで計画したお金の使い方を予算として、納得して使っているのか、無駄に使ったり、逆に無理に節約をしたりしていないか・・など、数字をたどると、行動の流れがよく自覚できると思います。事業者になってからはどうしても確定申告をしなくてはならないために、出納管理は業務のひとつですが、日々、チェックしていくという点では、何よりも優先事項に据えてPDCAをこまめにしなくては・・・と感じています。

★ぷち日記
夫の実家(栃木)のお墓参りに行き1泊させていただきました。何かと気をつかって下さって、本当に温かな親戚が増えてありがたいです。近くにある神社さんでは、「あじさい祭」をやっていて、夜もライトアップされていて連れていっていただきました。夜に眺めるあじさいの大輪は初めて。独特の雰囲気で、初夏気分を味わってきました。気が付けばもう夏至ですね。


クリエイティブライフ ブログランキングへ