マイナス→プラスへ言い換えができないか?と考える


たとえば
「どうしてボクは何をやってもダメなんでしょうか?」
と考えりして、口にしてしまっていることを
「ボクには、何ならちゃんとできるのでしょうか?」
というふうに言い換えてみる。そうすると潜在意識も変わります。
本気でそう思えなくても、言葉だけ意識して変えてみるだけで、変わってきます。

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~』(石井 裕之 著/フォレスト出版(株))

ネガディブからボジティブへの言い換え方って、とても重要ですよね。
私自身、おのずと否定的な言葉を発してしまうタイプだと、自覚したので、意識して変換できるように努力しています。
経験からすると、「毎年、このイベントの運営の仕事を任されて、正直嫌だなー」と、知人に話したら「毎年イベントが続いているなんてすごいじゃない!」と言われたことがあり、ハっとされられました。おのずと自分自身が”ツライ、ツライ”と焦点を当ててしまっていたわけです。
もう一つは元旦に宮城の実家でドカ雪が降って雪かきをした時のこと。「雪かきって、本当に大変だよね・・」と弟の奥さんに話したら「すべて雪かきが終わったときは達成感がありますよね!」という一言にも、ハっとさせられました。
マイナス部分にだけ目をやらずに、プラス面にも気がつける感性、感覚。とても素晴らしいことだなーと、すごく感じました。自然にそのような考え方ができるっていうのは、”潜在意識”の成せる業かもしれませんね。

★ぷち日記
明日は宮城へ戻るために、今日は支度とお土産選びの予定です。3泊4日で、仕事のことも、実家のことも、あれこれとやりたい。「いいよ」と言ってくれる夫に感謝です。今日は夫もお休みなので、午後から私の用足しに付き合ってくれるので、デート気分で何かデザートも食べたいわ。


クリエイティブライフ ブログランキングへ