「何でみんなこれができないのだろう?」に隠れているヒント


キミには、「何でみんなこれができないのだろう?」と思ってしまうことはないだろうか?
少し嫌な奴になるくらいの気持ちで思い出していてほしい。
こうすればうまくいくのに・・・。
こうすればいいのに・・・。
何でこれをやらないのだろう・・・。
そう思って、少し他人を見下してしまうようなことだ。
そこで出てくる「これ」は、紛れもなく、キミの武器だ。
他人を見下してしまったり、イラだってしまったり、責めたくなってしまうこと。それこそがキミの武器だ。

自分の「武器」を見つける技術』(池田 潤 著/水王舎)

日常の中で、仕事でもプライベートでも、イライラしてしまう瞬間に、”自分の武器”を探るヒントがある、という一節。
先週1週間で、どんなことがあっただろう、と自分自身を振り返ってみてみると、それなりにありました。
私自身結婚や引っ越しなどもあり、今まで通りのようには関与できないので、ひと区切りさせてほしい、と伝えた事業の件。「私たちで出来るかわからないけれど、頑張りたい」と、継続を決めたプロジェクトなのに、相変わらず、いろいろと依頼してくる。
ひと通りスタッフに業務を教えているのに「可能な限り同行してほしい」と甘えてくる件。ちょっと工夫すれば素材は見つかるはずなのに、指示まちになっている。
「今から行く」とか「少し遅れる」とか、結局何時になるのかがはっきり分からずに待機することになったり・・・。
などなどでしょうか。
もちろん、瞬間的にイラっときて、忘れていることもありますが、これが”武器”として考えられる、となると、怒り損とかでもなくて、むしろ、このような気づきを与えてくれているのかも知れないと思うと、受け止め方も変わってきますね。
自分を愛しながら、丁寧に感情と向き合うことで、他人にはない自分の強みや個性を自覚することができるのかも知れません。

★ぷち日記
朝は30分のウォーキングに行き、掃除、洗濯と、お天気が調度良いので気持ち良くはかどりました。来週はまた宮城へ行くため、家のことができないので、可能な限り、入れ替えとかしています。またご近所に2件、新しいおうちが建ち、月末入居予定のようで、荷物の搬入をしています。
どんなお隣さんかな。


クリエイティブライフ ブログランキングへ