自分の力ではどうにもならない事実を認めることから始まる


強いメンタルを手に入れるにはどうすればいいか。
大切なのは、「この世には自分の力では左右できないことがあるという事実を認めること」だろう。
それを認めさえすれば、新たに前進するパワーが生まれてくる。
が、それを認められないと、つい感情に流されてしまい、判断力に曇りが生じて、気も散ってしまう。
その結果、「自分のいちばんすべきこと」を見失ってしまう。

心を強くする 「世界一のメンタル」50のルール』(サーシャ・バイン 著/(株)飛鳥新社)

プロテニスプレーヤー、世界ランキング1位の大坂なおみ選手の元メンタルコーチ、サーシャ・バイン氏の著書を手にとってみました。
心を強くする51の方法がコラム調で紹介されているのですが、1番目に書かれているのが、意外だったので、引用してみました。
”自分の力では左右できないことがあるという事実”。そこからスタートするのか、というのが驚きでした。何でも努力すれば手に入るぞ!というわけでなく、手に入らない部分がある、ということです。
でも、このような言葉をかけてもらうだけで、肩に入っている力が抜けてフラットな気持ちになれますね。そこから、「今自分にできることは何か」と地に足をつけて考えを巡らせることができるのだろう、と感じました。どうにもならないことを、突き詰めすぎると、気持ちがから回って、本質が見えないというロスタイムを招きそうです。
誰しも”自力ではかなわない部分がある”ことを認めること、意外に言われなれていないと思うので、新鮮でした。自分にも言い聞かせたいと思います。

★ぷち日記
今日はリーフレットのデザインプランに集中。レイアウト+コピープラン案など、集中してできました。お客様へメールで提示して、どんな反応か待ちたいです。プランに集中すると、とにかく感情移入して考え始まるので、自分自身の体験そのものが広がり楽しいですね。あとはスムーズに納品までいけるといいな。


クリエイティブライフ ブログランキングへ