マイナスの感情から自分の本当の望みを探る


苦しさや悲しさ、寂しさ。それらは自分が本当のところ何を望んでいるのかを教えてくれる。
何が素晴らしいのか、何が喜びなのか。何が楽しく、何が嬉しく、自分は何を欲しているのかが分かる源泉なのだ。
負の経験の強さが大きければ大きいほど、それに比例して自分の望みを明確になってくる。

自分の「武器」を見つける技術』(池田 潤 著/水王舎)

何度か、苦しい気持ちは願望の裏返しというようなことを取り上げて来ている気がしますが、
今回もそのような一節に目が行ってしまいました。なかなか自分の本心や願望と対峙することに不慣れな場合、味わったマイナスな気分を裏返ししてみる習慣を身に着けると決して、経験自体はマイナス(損)なことではないのだろう、と思えるようになりますね。
自分自身でそれだけ冷静に思えるかどうかは、今回のような文面に触れられているかどうかにも寄ると思います。
きっとそこには、味わった人にしかわからない、思いつかない経験が得られるのかも知れません。
時間をかけて、丁寧に探ってみることができることで、自分の「武器」を実は探し当てているのかも知れません。

★ぷち日記
9月に入って早3日が経過。。8月末には宮城へ帰って打ち合わせやお客さん訪問などを対応していて気がついたら、もう3日かぁ・・・と、あまりの時間の早さを感じています。
それでも、好きな竹内まりやさんの新作CDが明日発売だけれど予約していたので前日入荷でGETして、バドミントンのラケットを新調したので、新たにガット張りを依頼したり・・・好きなの時間で楽しみも入れつつです。アメとムチで、自分を頑張らせないと!


クリエイティブライフ ブログランキングへ