自分を楽しませることを許可しよう


好きなこと、没頭できることには、とことんハマればいい。
極端になることを恐れる必要はない。もっと自分を楽しませることに許可を出すべきだ。
自分の「武器」を見つける技術』(池田 潤 著/水王舎)

自分の”好きなこと”にどれだけ没頭しているのか?とこの一説を読んで感じました。
好きなこと、バドミントン、津軽三味線演奏、読書、映画、ウォーキング、仕事・・・んー、どれも、どこかで「これ以上は突っ込むと、負担が大きくなるなあ~」と、どこか無意識にブレーキをかけている自分がいることに気づかされました。
例えばバドミントン。年齢的にあまりハッスルするとケガしそう、若い子に張り合っている感じが恥ずかしいわ、道具やウエアがどんどん欲しくなってもね・・・いつまで続けらえるかわからないし・・・、夕飯の支度しなくちゃ・・・とか。書いていて、結構、自分で限界作っていないか?楽しくて好きなことなのに・・・。いきなりふり幅全開までは行かずとも、ちょこちょこブレーキを緩められるといいなーと感じました。

★ぷち日記
今週もあっという間一週間。リーフレット、名刺、のぼり、封筒、ポスターなどなど、制作物が次々押し寄せてくる一週間でした。一式、なんとか手離れできそうだったので、週末は少しリラックス、ぼーっとする時間を作りたいです。