他人に優しく接している人、気分の良い接し方をしている人の方が、声がかかりやすい。


協力を頼む同僚を選ぶ時は、自らに「この人と働くと楽しいだろうか」と問いかける人の方が、「この人は手伝ってもらう仕事に詳しいだろうか」と問いかける人よりも多い。
つまり、他人に優しく接している人、気分の良い接し方をしている人の方が、声がかかりやすいということだ。人に何かを頼まれる機会が多ければ、能力を証明する機会も多くなるし、良い評判も広まりやすくなる。
そしてますます、選ばれる機会が増えていく。こうして「能力はあるけれど無礼な人」との差は時間が経つごとに開いていく。

Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』(クリスティーン・ポラス 著/東洋経済新報社)

まず、自分自身を振り返ってみると、ありがたいことに、声をかけてもらう機会が多い方だと感じています。仕事で相談したいことがあるのだけれど・・・、同僚の相談で・・・、サークルに参加しませんか?などなど。宮城から福島へ移動して環境が変わったにしても、変わらずに連絡を入れてくれる人が自分の予想以上に多い気がしていて、土地だけは移動したけれど、業務としては1週間埋め尽くされている感じです。私が取り立てて丁寧な対応をするタイプとは百歩譲ってもそうとは言えないのですが、とにかく話しやすいのだろうとは思います。
逆に私だったらどんな相手となら一緒に仕事や行動を共にして行きたいか?と考えてもみると、いろいろ注文が出てきます(笑)。話を良く聞いて受け止めてくれる人、言葉遣いが丁寧で相手との間合いを図れる人、報連相ができる人、リアクションが早い人などなど。総じて、相手(この場合は私)を思いやった行動をしてくれる人と言えるでしょうか。その逆のタイプはあまり近寄りたくはないなと思います。

★ぷち日記
台風15号、朝から強い雨風で福島市では避難勧告も出ましたね。お昼にずぶ濡れになって宅配物を運んでくれた佐川さん、本当にご苦労さまでした。と言いました。私も郵便局へ郵送の用足しもあったので、早く雨が止んでほしい・・・と窓から外を眺めつつ、残務をし、小振りを見計らって苦なく出かけられました。そして今はさわやかな青空も垣間見れる夕暮れです。朝から親戚のグループLINEで安否確認をして停電だったりダイヤの乱れだったり、休校でお休みしたりと、不安な一日でしたね。明日は台風一過かな。


クリエイティブライフ ブログランキングへ