人生の節目ごとの「こうありたい」を紙に書いてみよう


ぜひ自分が30歳になったとき、40歳になったとき、50歳になったとき、60歳、70歳、80歳になったとき、「こうありたい」という目標を立て、紙に書き込んでください。それこそが自分の人生の目標なのです。
また、そのときに自分の大切な人たちが「何歳になっていて」「こうなっていてほしい」ということも考えてみてください。よりしなやかで豊かな人生になると思います。

人が育つゴールデンルール64』(久保 華図八 著/内外出版社)

40歳は越えたので、次の節目から50、60、70、80・・・と紙に書いてみたら、なんだか人生そんなに長くはないような感覚になりました。
「こうありたい」、とにかく健康でイキイキした毎日を過ごしたい・・・そこからスタートして、健康とは?イキイキとは?どんな毎日が理想か?などを掘り下げて考えてみることにしました。決めたことを確実にできる平穏な毎日がとにかく理想です。
人生100年時代と言われる現代、可能性がそれだけあるので、例えば80歳の自分も想像できないのですが、常に長い人生と家族や親、兄弟、仕事仲間たちなども含めてライフプランをするかしないかでQOLが違ってきそうですね。

★ぷち日記
午前中は約1か月ぶりにピラティスサークルに参加しました。寒くなってきて縮こまっている身体の節々を感じながら1時間30分、気持ちよくもあり、苦しくもあり、頑張ってきました。身体を動かすって本当に気持ちいいし、好きだなーと思います。


クリエイティブライフ ブログランキングへ