礼節ある態度を心がけよう


礼節ある態度とはたとえば、人に感謝する、人の話をよく聞く、わからないことは謙虚に人に尋ねる、他人の良さを認める、成果を独り占めせずに分かち合う、笑顔を絶やさない、といったことを指す。こうした態度は業績の向上にも役立つ。反対に、無礼な態度は、仕事で成果をあげる上で足枷になってしまう。

Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』(クリスティーン・ポラス 著/東洋経済新報社)

「礼節ある人」で、以前に講演をしてもらった某学習塾経営の社長様を思い出しました。宮城県内でも経営に関するたくさんの賞を受賞し、新聞記事でもよくお見掛けする方です。それなのに、偉ぶらず、温厚であり、とても謙虚な態度、そして気が利く・・・一緒の時間を過ごさせていただいていることが、本当にありがたい、と感じさせられた方です。居心地の良い方であり、とても本質的な言葉をかけてくださる方。すっかりファンになってしまいました。
時に、彼の態度を模範にしながら、私もおだやかに、相手にとって居心地の良い相手であるよう、努めたいと思っています。

★ぷち日記
3連休の初日。秋晴れ、もう秋も晩秋に移ろいでいくころでしょうか。今日は一日買い物や用事で、車で長距離運転。時間に余裕もあったので、仙台方面から4号線を帰り道、南下してきました。久しぶりの長距離運転、なかなか聞けないでいた音楽も楽しんで帰ってきました。