「日記」を書いて、そして、読み返そう


何年も前の自分が書いたことをときどき読み返してみると、きっとその内容に驚くに違いない。
あなたの矛盾や欠点や闇部分も含め、できるだけありのままの自分を見つめるのも、よい人生にするための条件のひとつだ。

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』(ロルフ・ドベリ 著/サンマーク出版)

自分を知るための方法で、「日記」が挙げられていて、さらに読み返すことで得られる「自分」把握がよい人生につながると書かれています。私も数年前からコボリジュンコさん考案の「100日記」を書き続けていて、レビューを行う時間を設けています。1週間前のことですら、自分とは別人格が書いているような客観的な気持ちがわいてきます。書くことも大切だけれど、見直すことも同じくらい大切だなーと、「100年日記」以来、痛感しています。その時考えた「過去」のことが、次に「今」に生かされてきます。

★ぷち日記
今日は近所の地域イベントのウォークラリーに参加してきました。幼いころから、ウォークラリーは好きなほうだった記憶がよみがえりました。そして、まさかの準優勝もいただいて、福島生活1年目、令和元年に賞状を夫婦でもらえるなんで、とてもうれしい思い出になりました。副賞にはコーヒーギフトをもらったので、二人で、おいしいコーヒーとスイーツなどで、ブレイクしたいと思います。


クリエイティブライフ ブログランキングへ