連絡待ちは、待ち続けない


たとえば、クライアントからの連絡をただ待つのではなく、「あの企画の件は、どうなりましたか?」と、折を見てこちらから確認してみるのです。

いちいち感情的にならない本 (王様文庫)』(内藤 誼人著/三笠書房)

連絡を待っている間や時間は、私にとってはとてもユーツな時間です。どちらかというと、自分から連絡をする方が多い気がしますが、なかなか音沙汰がない場合や度々連絡をしているにも関わらず、レスポンスが遅かったりすると、それも心理的な負担がかかってしまうと自覚しています。単にせっかちなのかも知れないですが、先々の予定を組んだりするにあたり、どうしても具体的なスケジュールが見えないと対応に困るので、進捗は常に把握して置きたいですね。
いくつも連絡まちが重なるだけで未完了が増えて、スッキリしないので。逆に、レスポンスはなるべく早くしたいと思っています。

★ぷち日記
明日は立冬、まさに冬到来直前ですね。今日は夫の誕生日なので、夜は近所のイタリアンレストランでお気軽なコースでささやかなお祝いディナーです。
今夜からぐっと寒くなってくるようなので、くれぐれもあったかくしていかないと。。。。


クリエイティブライフ ブログランキングへ