むやみに「ごめん」と言わない

私はそうして、自分のせいにしすぎるというメンタルな落とし穴から逃れた。 だからなおみにもそうしてほしかった。事実、なおみもその落とし穴に気がついてくれて、練習中むやみに「ごめん」と言わなくなった。 『

続き

心のセンサーに従う

何かに誘われたときに「ワクワクする」「なんか気が進まない」など、自分の感覚が発するサインを読み解けるようになるのです。 そうやって、どんなときも自分のワクワクに従っていれば、それは雪だるま式に増えてい

続き

スムーズに物事が進む感覚を頼りにする

あなたの意志と行動力も必要ですが、苦労に苦労を重ねて到達するのではなく、ウキウキ楽しい気分で歩いていたら到達できた、ということになります。 『「未来を書く」ことで、どんどん夢は実現する』(本田 健 著

続き

連絡待ちは、待ち続けない

たとえば、クライアントからの連絡をただ待つのではなく、「あの企画の件は、どうなりましたか?」と、折を見てこちらから確認してみるのです。 『いちいち感情的にならない本 (王様文庫)』(内藤 誼人著/三笠

続き

「日記」を書いて、そして、読み返そう

何年も前の自分が書いたことをときどき読み返してみると、きっとその内容に驚くに違いない。 あなたの矛盾や欠点や闇部分も含め、できるだけありのままの自分を見つめるのも、よい人生にするための条件のひとつだ。

続き

礼節ある態度を心がけよう

礼節ある態度とはたとえば、人に感謝する、人の話をよく聞く、わからないことは謙虚に人に尋ねる、他人の良さを認める、成果を独り占めせずに分かち合う、笑顔を絶やさない、といったことを指す。こうした態度は業績

続き