「アウトプット」の場を持とう

そこで「アウトプット」の定義を広げ、アウトプットのハードルを下げることをお勧めします。 自分の仕事の成果物だけに限定するのではなく、自分が面白いと思うもの、興味のあるものを披露する「何か」だと思えばい

続き

メモを何に活かすかを考えよう

このように、僕のノート術では、日々気になったことをノートにメモするのが最初のステップになります。 ポイントはメモを何に活かすのかをあらかじめ決めておき、そのために自分の心に引っかかったものをメモをする

続き

ビジョンを作る体制も考えよう

チームにこうしたビジョンなどの創作経験のある人員を外部からアドバイザーとして迎えるのも良いでしょう。社内だけだと思考が固まりがちになりますが、外部の人がひとり入るだけで思考をほぐしてくれます。同時に全

続き

「願いごと手帖」は叶います!

外側から見える自分に縛られないで、暮らしに根ざした願いをたくさん言葉にすることが、自分を知るためのステップになる。本当に好きなこと、欲しかったもの、 やってみたいことを素直に語れるようになることが、自

続き

アイデア熟成ノートを作ろう

まったく無関係と思われた発想と発想が合体する、つまり「クロスパーク」を起こし、 思っても見なかったアイデアが導き出されることもあります。 そんな「発送の連鎖」が起こることも思考ノートの醍醐味の一つです

続き