むやみに「ごめん」と言わない

私はそうして、自分のせいにしすぎるというメンタルな落とし穴から逃れた。 だからなおみにもそうしてほしかった。事実、なおみもその落とし穴に気がついてくれて、練習中むやみに「ごめん」と言わなくなった。 『

続き

心のセンサーに従う

何かに誘われたときに「ワクワクする」「なんか気が進まない」など、自分の感覚が発するサインを読み解けるようになるのです。 そうやって、どんなときも自分のワクワクに従っていれば、それは雪だるま式に増えてい

続き

連絡待ちは、待ち続けない

たとえば、クライアントからの連絡をただ待つのではなく、「あの企画の件は、どうなりましたか?」と、折を見てこちらから確認してみるのです。 『いちいち感情的にならない本 (王様文庫)』(内藤 誼人著/三笠

続き

自分自身のためにやっている、と思う

大きなストレスにさらされたときに大切なのは、自分のモチベーションが何なのか、再確認すること。 「これは他人の期待に応えるためではなく、自分自身のためにやっているのだ」と思えば、メンタルを整えることがで

続き

自分を楽しませることを許可しよう

好きなこと、没頭できることには、とことんハマればいい。 極端になることを恐れる必要はない。もっと自分を楽しませることに許可を出すべきだ。 『自分の「武器」を見つける技術』(池田 潤 著/水王舎) 自分

続き

改めて、言われを調べている

かがみの中に、きれいな女神さまが、ちらりとうつりました。あまてらすおおみかみさまは、いよいよ ふしぎにお思いになって、 そのすがたをもっとよく見ようと 岩屋の中から 少し お体を お出しになりました。

続き